kanibalize

ブログを書く傍ら、田舎でのんびりコンビニ店員してます。

あいさつができない従業員さんとそれを許せる従業員さん【上】

こんにちは!蟹です☆

 

ある日の夜、私はAさんとペアで仕事をしていました。

 

f:id:omni7:20190617192400p:plain

Aさんがフライヤーのケースを掃除し、私がフライヤーのトレイを洗っていた時のことです。

 

櫻井さんが出勤しました。

その時間からは私と櫻井さんのペアです。

 

 Aさんは櫻井さんにあいさつしました。

「おはようございます!」

 

櫻井さんから返事はありません。

 

Aさんから櫻井さんまでの距離とAさんから私までの距離は同じくらいでしたので、聞こえていた可能性は高いです。

 

その後Aさんからその件について話がありました。

「櫻井さん挨拶してくれなかったです、ちょっと感じ悪かった」

 

私もそれを見ていたので

「返事がなかったですね、聞こえてなかったのかな?無視するということはないと思いますよ」

と返しました。

 

f:id:omni7:20190617192756p:plain

『出勤して顔を合わせたら、まず最初に挨拶 』という『常識』が通じない人だと思っています。

今まで受けてきた教育、育った環境が『普通』と違ったのかもしれません。もしくはなんらかの障害を持って生まれたのかもしれません。

 

私たちは目に見えないモノサシを使うことがあります。そのモノサシを他人に当てて『常識』と書いてある部分がずれていないか測ります。

 

『私たちの常識』それ自体が目に見えるものではなく、定義されているものでもない。

不確実である種感覚のようなものから、ズレたことをする人を悪だとして断罪、排除することは私にはできません。

 

f:id:omni7:20190617193018p:plain 

私たちのモノサシを彼女にあてることは酷かなと思うわけです。

 

あなた達のように両親から愛され大切に育てられ、しっかりと躾がされていたとは限らない。

親に殺されずにあそこまで育っただけでも幸せなのかもしれません。

 

そういったある意味での不適合品や一級品、凡人が混じったものが社会。

社会通念というのはとても難しいものですね。

 

その後どうなったか【下】に続きます。