kanibalize

ブログを書く傍ら、田舎でのんびりコンビニ店員してます。

959円のプリンを100円に値下げしてみたら利益が出た話

こんにちは!蟹です☆

今回はタイトルの通り「値下げ販売」の効果を検証していきます。

 

f:id:omni7:20190509161800j:image

 

本部の取り分

(売れた分の売価-(売れた分の原価-廃棄原価))×チャージ率

 

お店の取り分

売れた分の売価-本部の取り分-原価

 

★このコンビニ会計を前提として3個納品、2個売れて1個廃棄になった場合の利益を計算してみます。

 

本部の取り分

((959×2)-((619×2)-619))×チャージ率(50%)=650円

 

お店の取り分

959×2-650-619×3=-589円

 

 

★次に2個売れて、1個売れ残りそうになったが100円に値引きして売り切った場合

 

本部の取り分

((959×2+100)-(619×3))×チャージ率(50%)=81円

 

お店の取り分

100+959×2-81-619×3=80円

 

 

★結果

・3個中1個廃棄になるとお店は-589円で赤字

 

・3個中1個を100円にして廃棄0だとお店は80円の黒字

 

-589円と+80円どちらが良いかは小学校卒業程度の学力があれば判断できるかと思います。

 

セブンイレブンイメージうんぬんを考慮し100万歩譲っておにぎりの値引きはしないとしても、1個1000円近くするプリン(特別発注商品)の値引きは許してほしいところですね。

 

本部はこのへんの経営指導をOFCにさせてあげたらどうでしょうか。

 

特発に対するオーナーさんの考え方も変わると思う、そうなるならお互いにとって良い案なんじゃない?

 

基本4原則の中の「品揃え」が改善されます。

本部にとってそれよりも大事な何かがあるのかな?