kanibalize

ブログを書く傍ら、田舎でのんびりコンビニ店員してます。

発注分担と私の仕事【セブンイレブン】

こんにちは!蟹です☆

 

今日はうちのお店の発注分担と私の仕事について少しお話します。

 

どんな人間がどんな分類を担当しているのか、表にしてみました。

 

f:id:omni7:20190416050509p:plain

 

肝心かなめのデイリーに関しては、オーナーが大部分を持っています。

 

蟹さんは夜勤なので、オーナーが休むと11時の見直しと18時の追発はAさん、Bさんがやることになります。

 

オーナーと私がいなくても回る環境を作れたのは大きいです。

 

最近Dさんにパンの発注をおしつけ伝授した私は、実質設定発注しか持っていません。めっちゃ楽です。

 

それでも売り場を作らない時もありますから、いつかドリンクの発注を取り上げられるんじゃないかとヒヤヒヤしています。

 

ふざけてるわけじゃなくて、忙しいんです。

日曜日までに翌々週のシフトを作らなきゃいけないのと月曜日までに週間行為計画を作らなきゃいけないんです。

 

翌々週の情報を週間行為計画に載せたいという変なこだわりがあってね。

それなのに翌々週の情報が出るのが日曜日、だから日曜日に仕事が集中するんです。

 

日曜日までに翌々週のシフトを作るのですが、シフト作成のルール上それより前に作ってもいいんですよ本当は。

でもギリギリまでそのシフトが最善か悩んでしまうの。

 

たまにスパッと決まって水曜日くらいに出したりするとBさんが褒めてくれるんです。

「さすがですっ!」って泣ける。

 

ここはとても神経を使うところで、そうしなきゃいけないところだと思っています。

 

時間と曜日が完全に固定されている人と時間だけ固定で曜日はどこでもいいですよって人と完全希望制の人と完全にどこでもいいですよって人をパズルのようにハメていくゲームなんですけど、その中にも様々なルールがあってそれがゲームを難しくするんですね。

 

で、オーナーが作っていたときは「○○さん日曜日出れないかな?」ってしょっちゅうやってたの。今もときどきやるんだけどね。

 

それって従業員さんからしたら断わりにくいわけ。よっぽどの予定がない限り。

 

ほんで「いいですよ」ってやっちゃうとオーナーは無邪気だから

「本当は○○さん日曜日出れるんだ!」って思っちゃって、何回もそれをやるんだよね。

 

でもその従業員さんは内心(面接のとき日曜日は休みたいって言ったのにな…)って思ってるかもしれない。

 

それが少しずつ積み重なって、居づらさ、働きにくさにつながります。

 

そんなこと言ったって、じゃあどうやってシフト回すんだ?って話になるんだけど。

 

そういうところを自発的に出てもらえるように、また突然穴を開けられないように日ごろから関係を構築しておくんです。

 

私が得意とする互恵的利他。

その場では見返りを求めずにいつか恩を返してくれるだろうと、自分から先に利他的な行動をとっておくわけです。

 

すると従業員さんの方から「日曜日のこの時間3時間でよければ出ますよ」と申し出てくれることは稀ですが、まあそういうことです。 

 

互恵的というのがミソで、親切を一方的に搾取するだけの人にはだんだんと親切をフェードアウトしていきます。他に回した方が効率がいいですからね。

  

そんな回りくどいことをやらなきゃならないのが私の仕事だと思っています。

 

あとは効果的な募集広告を打つことですね。

先日WEB媒体求人広告を出したところ週間300アクセス、セブンイレブンにこれだけの逆風が吹く中、日本人から1件の応募がありました。

 

オリジナルで魅力的な原稿を考えるのも私の仕事です。

 

週間行為計画等で旗を振って従業員さんの進むべき道を示し、結果をオーナーに評価させることも私の仕事です。

 

だから発注や売り場づくりはみんなに任せた方がいいんです、頑張りと結果がとてもわかりやすいから。

 

頑張りと結果がわかりにくい私の仕事には、キクタ店長の言うように「理解者」が必要なのかもしれません。