kanibalize

ブログを書く傍ら、田舎でのんびりコンビニ店員してます。

変化が始まった?

こんにちは!蟹ちゃんマンだよー☆

 

「いよいよですね」

 

ってオーナー研修のしおりに書いてあったフレーズがいまだに頭から離れない。

 

今がその時なのかな

 

いよいよ本部が変わろうとしている

ですね?

 

恵方巻き今回全然言われませんでしたね。地区による?

 

OFCが言うには

・古屋社長はオーナーに寄り添おうとしている

・入れろ入れろでは本部だけが儲けてオーナーが損をする(ことがバレ始めた)

・恵方巻き、前年欠品気味だったお店には「今年はもう少し頑張りましょう」程度のアドバイス、廃棄が出たお店には無理に入れることをすすめない。

・本部社員の離職率は30%を超えている

・チャージ減額の時のような、それに近い何かがあるかもしれない

 

早く気づいて手を打たないと本当に手遅れになりますよね。

 

近いうちにまた近所のオーナーさんが辞めます。

ドミナントで減収、本部に利益を食われた状況で有給の義務化。毎年の賃上げ。

Cタイプだったら体か心を壊します。

そんな状態のオーナーさんに働きやすい職場環境を作ることは難しく、人手不足から接客レベルの低下を招きます。

お店の評判も落ちます。

 

詰められて吊るし上げられるOFCは数字を作る事が仕事になり、本来のカウンセリングでオーナーさんと一緒に良いお店を作るという役割を失い馬鹿馬鹿しくなり辞めていく。

 

そんなオーナーさんとOFCの組み合わせでは、地域に愛され選ばれるお店は作れない。

ドミナントうんぬんの前に、他チェーンにすら流れかねないレベルのオペレーション。

 

形だけの研修、勉強会

こういうところも本気で取り組んでほしい。せっかくやるならこちらが前のめりになって聞いてしまうような内容を。

 

「ワイガヤ」で参加意識が大事!

なんていつまでも体育会系のノリでやってないで、本当に価値のあるノウハウそういうところに金を使って個店に落とし込むべき。

 

チャージのつかいかた

 

増えるのに衰退していくセブンイレブン!という流れを食い止めようと、古谷社長がついに気づいたわけですね。