コンビニのブログ

ブログを書く傍ら、田舎でのんびりコンビニ店員してます。

10年先を行く!コンビニ客単価を上げる方法その2

 

この記事では10年先を行くコンビニ店長が客単価の上げ方を公開しています

 

売上=客数×客単価

文字にすると売上を上げるのはとっても簡単

客数か客単価を上げればいいだけ!

 

客単価を上げるには買上げ点数を上げるか商品単価を上げるかの2択

 

今回は買い上げ点数を上げる方法

 

・UFパックを無料で提供

消耗品で発注できるS-12のUFパックを無料で提供しています

レジ横お客様の手の届く場所にクシュクシュしたものを箱に入れ、無料と書いて置いておく

S-11は小さくて使いづらいからダメです

数年前まで25号や12号を無料でじゃんじゃん提供してたことを考えればなんて事はない必要経費

 

「手で持っていくにはちょっと多いな、もうレジ行こう」じゃなくて「手で持っていくにはちょっと多いけど、あの袋があるからもう1個くらい買っても平気」と思ってもらえればOK

 

「これもらってもいいですか?」には笑顔で

「どうぞどうぞ、ご協力ありがとうございます」

 

・買い物かごを大きくする

消耗品で発注できるかごは17L、当店は楽天で買った28Lの買い物かごを使っています

かごがいっぱいになってくると「買いすぎかな」という心理が働く

かごが大きければ買いすぎかなのラインが上がる

夜帯の客単価1000円超え狙えます

 

・弁当袋Mを廃止

これもUFパック同様常連のお客様に有効

同じ3円でも25号しか使わないので「ここのお店は3円の袋が大きい」と刷り込まれてます

ゴミ袋にするにもちょうどいいしお客様に好かれます

基本12号か25号なので従業員さんの判断スピードも上がります

 

・陳列場所で買わせる衝動買い

あきらかにそれ買うつもり無かったよねって商品が売れたら買い上げ点数アップです

お会計終わって店を出ていくかと思ったらワニワニパニックとか黒ひげ危機一髪持ってレジに引き返してくる

退店時に目に入るサイドメッシュ、あそこに掛けておくと面白いくらい売れます

 

カフェマシンのすぐ横に焼き菓子什器を置く

コーヒー入れてるお客さんが焼き菓子持ってレジに戻って来ることがよくあります

焼き菓子什器は大きいものと小さいものがあるのでカウンターに合わせて選ぶといい

 

・カードゲームをレジ付近のサイドメッシュで育てる

場所も取らず腐るものでもないので気長に売っていく、ある日突然大人がまとめ買いして何千円と売上に貢献するアイテム

「カードを売ってる店」を根気よく認知させる

当店ドラゴンボールとデュエマはよく動きます

 

スカスカしてたり1フェイスだらけで何推しなのかよくわからない統一感のないサイドメッシュ作るくらいならカード掛けましょう

5フェイスで4段くらいあればカード売ってる感が出て見栄えもいいです

レジ付近なのは盗難防止のため

 

・タバコの注文には「おひとつでよろしいですか?」で返す

「セブンスター」

「かしこまりました、おひとつでよろしいですか?」

『2個買っておこうかな』 と考えるチャンスを与えることになりますし、何より1個持っていってから

「2個」って言われるとね

 

 

店長おすすめ!本を聴くアプリ-audiobook.jp